【体感】たくさんのお料理が幸せに感じさせる洋食のtaku.で過ごす

随分と冬の気配が近く感じるようになってきた。

凛と張った冷たい空気の心地良さは、ただでさえ美しい夜の景色をより一層と美しく感じさせてくれている。

 
11月になり“今年も残り2ヶ月か”と、過ぎゆく時間の速さを惜しみながら、久しぶりの休日に山下公園の散歩に出ていた。
 

山下公園をゆっくりと歩いていると、その歩幅に合わせるようにゆっくりと辺りが暗くなり始める。

見つめる先に見えるベイブリッジが柔らかくライトアップされ始め、振り返るとみなとみらいの高層ビルがキャンパスに散りばめられた宝石のように輝き始める。

冬の気配と“この”美しい夜の景色が、どうしたって聖なる夜を待ち遠しく感じさせる。大切な相手と素敵な夜の食事を演出しなくては…と、この時期になると考え始めるクセが付いたのも、横浜に住むようになってからの事だった。

みなとみらいの夜景を見ながらロマンチックに時間を過ごすカップルを横目に、冷たい空気の心地良さと夜景のお陰で、クリスマスのディナーの事を思い出してしまうと、ちょうど良いなと足があの店に向かい始める。

 
洋食のtaku.
洋食のtakuの外観①

山下公園から大きなホテルを中華街の方に向かい、直ぐに交差する水町通りにある洋食のお店。この界隈には、好きな洋食のお店が幾つかあるが、何年か前からこの店でクリスマスの夜を過ごすようになると、1番良い席を確保しておこうと、早めに予約を取るようになったお店だった。

天気の良い日に山下公園に散歩に出た時には、遅めのランチをゆっくりと摂らせてもらったり、週末なら陽の高いうちからの早めの夜ご飯で、洋食とワインを楽しむ時に使ったりしている。

洋食のtakuの外観②

 
少し早いが今年のクリスマスを予約して帰るか…。

前の年は少し予約が遅くなってしまって、座りたかった席が確保できなかった。たったそれだけのことと思っていたが、そのことをチクチクと言い続けるアイツに苦い思いをさせられた。

※アイツとは、関内新聞のグルメカテゴリのネタに登場するボランティアのスタッフのパクパク隊のこと。前回は、柔らかいスペアリブの回に登場していた。

洋食のtakuの店内①

クリスマスの夜ぐらいはゆったりとした気分でテーブルに向かい合い、会話を楽しみたかったと、今年の夏ごろまでチクチクと言われていた。

洋食のtakuの店内②

そのチクチクについては右から左へと聞き流し、クリスマスのディナーだというのに、いつものようにカウンターに腰掛け、会話そっちのけでシェフの所作に見惚れていたことが、更にどツボを踏んだのもまた事実。

そうなれば、1番乗りで予約しておこう!と考えるものだ。

洋食のtakuの店内③

すっかり顔見知りとなった店の人と、前の年の苦い想い出を笑いながら話していると、お腹の虫が鳴ったのかと勘違いするほどの絶妙なタイミングで、スマートフォンにメールが着信する。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関内新聞

関内新聞

詳細を見る

関内を愛する人たちにスポットをあて、関内をもっとたくさんの人に愛してもらいたい。観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープなところまで掘り下げたり、マニアックな視点で突き詰めたりして、足で集めた情報を発信することが関内新聞のコンセプト。

関連情報

関連記事

  1. 2015年7月3日(金)

    7月は浅草・入谷 イベントラッシュ

    7月は浅草・入谷でイベントが多く開催されます。中にはハシゴ出来るタイミングもあるほどです。リクエスト…
  1. 「横濱関帝廟」と並ぶきらびやかな廟「横濱媽祖廟(まそびょう)」。この媽祖廟で観光客を中心に人気なのが…
  2. 今年5月に現れた馬車道のビジネスホテル脇の長屋にある「割烹SOU」。ホッとさせる季節の味を繊細過ぎる…
  3. 喜多院不動通りに4月25日にオープンした赤い暖簾と名前の可愛いお店「夢宇(むう)」。お店の前には広場…
  4. 中華街自体はちょくちょく来るのに「横濱関帝廟」は素通りしがち…ということ、ありませんか?三国志で有名…
  5. 伊勢佐木町は、昭和の時代は約40もの映画館が立ち並ぶ映画の街でした。「封切り」という言葉を生み出した…
  6. 厳島神社関内まつりの御神輿が関内の街中を練り歩き、8月2日の関内は熱気に包まれた。天気にも恵まれた真…
  7. 現在、浅草六区を代表する建物の一つである日本中央競馬会(JRA)の場外馬券場「ウインズ浅草」と、JR…

おもしろ記事

  1. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  2. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…
  3. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  4. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…

グルメ

  1. 2015年2月16日(月)

    【浅草 ラーメン屋 馬賊(ばぞく)】 

  2. 2014年3月4日(火)

    【意地】頑なな職人魂が出汁にしみ出るおでんを食わす文次郎!

  3. 2014年5月14日(水)

    【楽園】イギリスの路地裏を感じるアウトローなBarで幸せに満ちる

  4. 2015年8月2日(日)

    田んぼは僕たちが守るぞ!愉快な警備隊〜南古谷かかしまつり〜

  5. 2015年7月3日(金)

    鴨宮北口商店街の「うを弘」で職人の丁寧な仕事に出会う

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る