鴨宮北口商店街の「うを弘」で職人の丁寧な仕事に出会う

鴨宮駅北口ロータリーから商店街に入ると、色んなお店が立ち並びます。それを少し奥まで入って行ったところに、見た目にも感じの良さそうなお店がありました。

うを弘の外観①

茶色の土壁に高い位置にある小窓。

うを弘の外観②

そして白い暖簾(のれん)に、さりげなく店名が…

肴とお酒 うを弘

うを弘のカウンター

店内に入ると、これまた清潔感が溢れています。

職人の技が目の前に繰り広げられるカウンター。それにテーブル席と個室がありました。

うを弘の壁の絵

壁にはさり気なく絵が飾られていますが、これも比較的高い位置にぽつりと…

店内は真っ白の壁が清潔感たっぷりで、そこにゴチャゴチャとたくさん飾りがある訳ではなく、ポツリポツリとさり気ないだけの飾りでした。

うを弘のテーブルセット

この日座ったテーブルの上には、ちょうど季節の「紫陽花」の水彩画が書かれた素敵なシートがセットされています。

うを弘のメニュー

メニューはというと、実は飲み物のメニューだけ。お料理は基本的にお任せのコースの様でした。

うを弘で生ビール

とりあえず…、ということで生ビールから。

これからどんなお料理が出てくるのか、期待に胸を膨らませてしばらく待ちます。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小箱新聞

小箱新聞

詳細を見る

小田原と箱根をあわせた小箱エリアにスポットをあて、この街をたくさんの人に愛してもらいたい。観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープに掘り下げ、マニアックな視点で突き詰めて、足と努力で集めた情報を発信することが小箱新聞のコンセプト。

関連情報

関連記事

  1. 2015年6月28日(日)

    ジューシーな鶏はインパクト大!地鶏や 一鳥で大人の味わいを!

    関内駅からほど近い場所に、おしゃれな鶏料理のお店がオープンしたらしいという情報を聞きつけ、やってまい…
  1. 現在、浅草六区を代表する建物の一つである日本中央競馬会(JRA)の場外馬券場「ウインズ浅草」と、JR…
  2. 2月19日から3月5日まで、今年も中華街を大いに賑わせた「春節」。皆さんは足を運ばれましたか?「春節…
  3. 開港150周年を記念して始まった「横浜セントラルタウンフェスティバル」の関内エリアのイベントとして、…
  4. BAR発祥の地「山下町」で40年以上に渡り繋いで来た想い出は、様々な奇跡が重なり続いている。中華街の…
  5. 2月下旬突然の休燗(長期休み)に入り、移転が発表された居酒屋「ぬる燗」。観音裏で11年、地元に愛され…
  6. レストランの味をあなたの食卓に!をテーマに、美味しく食べて身体に優しい親しみやすい食材を使った、簡単…
  7. 海辺の海外リゾートを感じさせてくれる空間で味わう美味いイタリアンダイナーが吉田町にある。目を閉じれば…

おもしろ記事

  1. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  2. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…
  3. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  4. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…

グルメ

  1. 2013年12月16日(月)

    【発見】コスパ!ココット料理「KATIA」女子ウケするジャン!

  2. 2015年8月2日(日)

    田んぼは僕たちが守るぞ!愉快な警備隊〜南古谷かかしまつり〜

  3. 2015年7月1日(水)

    【正夢】酔い締めに食べる大将の寿司で、正しく〆る一夜の遊覧。

  4. 2015年7月7日(火)

    川越散策したら和みの空間で一休み〜和カフェ 夢宇(むう)〜

  5. 2014年4月17日(木)

    【情熱】滝ともはるの音楽が南回帰線を経て行き着いたパラダイス

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る