田んぼは僕たちが守るぞ!愉快な警備隊〜南古谷かかしまつり〜

南古谷でこの時期恒例の「かかしまつり」が開催されていると知り行ってきました。

最寄り駅は「JR南古谷駅」です。

南古谷駅

「かかしまつり」の会場は、川越税務署近くの田んぼ。

駅から案内板が設けられているので、それに従っていけば直ぐです。

川越税務署

隣接する東部地域ふれあいセンターを越えたら

東部地域ふれあいセンター

目の前に青々とした田んぼが広がり、右側に「かかし」の列が見えてきました。

南古谷かかしまつり

道路の両脇にずらりとならぶ秀作の「かかし」たち

南古谷かかしまつり

この南古谷かかしまつりは、南古谷子どもサポート委員会の主催で行われています。

http://hana-ichimonme.com/kodomo/

南古谷かかしまつり

「かわごえ里山イニシアチブ」で少し米作りに関わっているので田んぼも気になります。

田んぼ

こちらの田んぼでは小魚や蛙の姿を見かけることができました。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カワゴエ[マス]メディア

カワゴエ[マス]メディア

詳細を見る

江戸情緒あふれる小江戸川越では、まちづくりに燃える川越大好きな街の人々が溢れています。KAWAGOE〼MEDIA(カワゴエ[マス]メディア)では、街の活性化に取り組む皆をICTで応援!。点在する川越の情報を一つに集約し、ポータルサイト、スマートフォンアプリ、コンテンツを組み合わせて川越内外へ情報を発信する新たなメディアを目指しています。

関連情報

関連記事

  1. 2015年7月1日(水)

    【正夢】酔い締めに食べる大将の寿司で、正しく〆る一夜の遊覧。

    関内から大通り公園沿いを酔い醒ましにのんびり歩けば、そこには優しい大将がにぎる繊細な寿しがある。深夜…
  1. 開港150周年を記念して始まった「横浜セントラルタウンフェスティバル」の関内エリアのイベントとして、…
  2. BAR発祥の地「山下町」で40年以上に渡り繋いで来た想い出は、様々な奇跡が重なり続いている。中華街の…
  3. 関西のソウルフードとしての地位を確立したたこ焼きを、爽快さ満点の超炭酸ハイボールと一緒に手軽なスタン…
  4. 野草料理の会場は、伊勢原公民館の調理実習室。 時間は12時過ぎでお腹はペコペコ。 会場に入ると目に飛…
  5. 横浜にこだわったモノ作りを貫く横濱帆布鞄。横浜の市外局番である「045」をブランド名に、港町ならでは…
  6. 今年5月に現れた馬車道のビジネスホテル脇の長屋にある「割烹SOU」。ホッとさせる季節の味を繊細過ぎる…
  7. 最高の陽気の中、GWを向かえた途端に箱根の異変。いったいどうなるのか…。小田原と箱根のニュースサイト…

おもしろ記事

  1. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  2. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  3. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  4. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…

グルメ

  1. 2014年4月20日(日)

    【満腹】もうマジックとしか思えないタンメン青空で最高の満足感

  2. 2014年12月11日(木)

    【収穫】ゆったりとした時が流れ、遊び心をくすぐってくれる時遊

  3. 2015年6月2日(火)

    豚レバーも対策済 美人ママが切り盛りする 浅草豚やしき

  4. 2013年12月22日(日)

    【北雪】日本酒の会では美味しいお酒が存分に味わえるジャン!

  5. 2015年4月9日(木)

    【つけ麺 大勝軒 山岸さん 追悼】

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る