道草して本当に食べてみた〜田んぼの生きもの調査(調理編)〜

野草料理の会場は、伊勢原公民館の調理実習室。

伊勢原公民館

時間は12時過ぎでお腹はペコペコ。

会場に入ると目に飛び込んできたのは美味しそうな料理の数々♪

 

‖ まずは腹ごしらえ

スタッフの方が事前に摘んだヨモギを使った目にも鮮やかなヨモギ餅。

食べると口一杯に香りと味が広がりました。

よもぎ餅

「かわごえ里山イニシアチブ」で収穫したお米を使ったみたらし風団子。

みたらし団子

「マコモダケ」というイネ科の植物をつかったパン。

鮮やかなグリーンは、葉の部分を粉砕して粉にしたものだそうです。

かわごえ里山イニシアチブは、「マコモダケ」の栽培にも力を入れています。

マコモダケパン

すぐにでもかぶりつきたいおにぎり!

お米はもちろん「かわごえ里山イニシアチブ」で育てたもの。

おにぎり

このツヤツヤした見た目だけでもグーッとお腹が鳴ります♪

おにぎり

そして、イノコヅチのお吸い物。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カワゴエ[マス]メディア

カワゴエ[マス]メディア

詳細を見る

江戸情緒あふれる小江戸川越では、まちづくりに燃える川越大好きな街の人々が溢れています。KAWAGOE〼MEDIA(カワゴエ[マス]メディア)では、街の活性化に取り組む皆をICTで応援!。点在する川越の情報を一つに集約し、ポータルサイト、スマートフォンアプリ、コンテンツを組み合わせて川越内外へ情報を発信する新たなメディアを目指しています。

関連情報

関連記事

  1. 2015年3月30日(月)

    横浜の公園に歴史あり!関東大震災の復興のシンボル「山下公園」

    ぽかぽか陽気で桜も満開。関内散歩には最高の季節がやって参りました!ハマ風を感じてのんびりするなら、や…
  1. 喜多院不動通りに4月25日にオープンした赤い暖簾と名前の可愛いお店「夢宇(むう)」。お店の前には広場…
  2. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
  3. 2月19日から3月5日まで、今年も中華街を大いに賑わせた「春節」。皆さんは足を運ばれましたか?「春節…
  4. もともとは横浜開港の折に完成した埋め立て地「吉田新田」の運河だった「大通り公園」。時代の変化とともに…
  5. 横浜で最も長い歴史をもつ町内会「住吉町町内会」が総力を結集し、住吉町入船通りで4月5日に「春まつり」…
  6. 今日深夜24:20からのTV番組「タモリ倶楽部」で浅草の名物スナックママが登場!「カウンターでかぶり…
  7. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…

おもしろ記事

  1. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  2. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  3. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  4. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…

グルメ

  1. 2014年8月18日(月)

    【繋想】様々な奇跡が重なり北欧の想い出を繋げるBAR NORGE-前編

  2. 2015年7月7日(火)

    川越散策したら和みの空間で一休み〜和カフェ 夢宇(むう)〜

  3. 2014年8月19日(火)

    【繋想】様々な奇跡が重なり北欧の想い出を繋げるBAR NORGE-後編

  4. 2015年8月10日(月)

    初めての味を楽しむ旅に出よう-中華街のエスニック料理ShortTrip

  5. 2014年3月28日(金)

    【至福】時が穏やかに流れる和食居酒屋「時穏-じおん」に酔う

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る