21基の赤い鳥居は異空間へと導く扉の入り口!?〜篠田塚稲荷神社〜

川越の中心街から見て西側に位置する石原町。

住宅街の中に出し抜けに目に飛び込んできたずらりと並ぶ赤い鳥居。

「篠田塚」という名前にも興味をそそられて立ち寄ってみました。

篠田塚稲荷神社

異空間へと誘うかのように続く大小様々の21基の鳥居をくぐり抜ける。

篠田塚稲荷神社

鳥居をくぐり抜けると狛犬ならぬ狛狐がお出迎え。

篠田塚稲荷神社

お賽銭を投げ入れ、鈴を鳴らして、二拝二拍手一拝のお参り。

中の様子を見ると日常的に人が出入りしている雰囲気が感じられます。

篠田塚稲荷神社

無数に並ぶ狐の置物。そして、鳥居の下にご神体の鏡が置かれています。

篠田塚稲荷神社

拝殿の後ろに回ると小高く土が盛られており、これが「篠田塚」なのでしょう。

塚の頂上に本殿(内宮)がありました。

篠田塚稲荷神社

左右の動物はおそらく狐で、真ん中に壷のようなものが描かれています。

壷の左右からは煙のようなものが立ち上っています。

篠田塚稲荷神社

直ぐ横に石碑があり「篠田塚稲荷神社の由来」が記されていました。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カワゴエ[マス]メディア

カワゴエ[マス]メディア

詳細を見る

江戸情緒あふれる小江戸川越では、まちづくりに燃える川越大好きな街の人々が溢れています。KAWAGOE〼MEDIA(カワゴエ[マス]メディア)では、街の活性化に取り組む皆をICTで応援!。点在する川越の情報を一つに集約し、ポータルサイト、スマートフォンアプリ、コンテンツを組み合わせて川越内外へ情報を発信する新たなメディアを目指しています。

関連情報

関連記事

  1. 2015年7月2日(木)

    蔵の街から南国に一番近い店〜沖縄物産&こだわり食材の真南風(まはえ)〜

    突然ですが、沖縄へやってきました。沖縄土産の定番と言えば「ちんすこう」や「サーターアンダーギー」。だ…
  1. 個性あふれる飲食店がひしめく野毛の街。ここ数年で女性が入りやすいお店も増えたといいますが、やっぱりな…
  2. 2011年のジブリ映画『コクリコ坂から』の舞台としても話題になった「港の見える丘公園」。その名の通り…
  3. つけ麺(特製もりそば)を生み出した「大勝軒」の山岸一雄さんが亡くなったとのニュースが流れて約1週間程…
  4. 今年5月に現れた馬車道のビジネスホテル脇の長屋にある「割烹SOU」。ホッとさせる季節の味を繊細過ぎる…
  5. 横浜にこだわったモノ作りを貫く横濱帆布鞄。横浜の市外局番である「045」をブランド名に、港町ならでは…
  6. 関内駅からほど近い場所に、おしゃれな鶏料理のお店がオープンしたらしいという情報を聞きつけ、やってまい…
  7. 3年ぶりに浅草に帰ってきた平成中村座。 4月から始まった公演も5月3日に千秋楽を迎えました。すごい人…

おもしろ記事

  1. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…
  2. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  3. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  4. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…

グルメ

  1. 2015年2月16日(月)

    【浅草 ラーメン屋 馬賊(ばぞく)】 

  2. 2015年5月12日(火)

    【極み】火曜日限定のランチは、心とカラダに至福な時間を与える

  3. 2014年1月22日(水)

    【伝統】時代を超えて愛される「ホフブロウ」で歴史を感じる。

  4. 2015年7月13日(月)

    ジンギスカン霧島 浅草店(新店舗)

  5. 2015年1月23日(金)

    【笑縁】笑顔を繋ぐ「えにし」が結ぶ縁と愛嬌が一杯のおもてなし

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る