愛の証を贈るダイヤモンドにエシカルを追い続けるピースダイヤモンド

愛する人へ気持ちを伝える証に贈られるダイヤモンド。その眩いまでの輝きの裏にある隠された真実にまで目を向け、本当の意味で「愛の証」となるダイヤモンドを追い続ける株式会社ピースダイヤモンド。贈られた人の幸せだけではなく、ダイヤモンドに関わるすべての人のハッピーを考えたジュエリーカンパニーの情熱を見る。

そんな株式会社ピースダイヤモンドの熱い想いと、込められた大きな愛を知るべく、同社 代表取締役の村上 千恵 氏にお話を伺った。

指輪

エシカル(=倫理的)なダイヤモンド

-ピースダイヤモンドで扱っているダイヤは他と何が違うのか?

ピースダイヤモンドでは、エシカルと認定されているダイヤモンドを使ったジュエリーを提供しています。エシカルとは、『倫理的な』という意味で、採掘から研磨、そして加工に至る全てのプロセスにおいて、非倫理的な要素を含まないと認定されるダイヤモンドをエシカルなダイヤモンドと呼びます。

-非倫理的な要素とは?

まばゆく輝くダイヤモンドには、別の一面があります。それは、児童労働や強制労働、または過酷な労働環境といった労働問題。更には紛争ダイヤと言われる、戦争などの資金源に使われてしまうダイヤモンド。そして、生態系や環境の破壊をもたらすような無謀な採掘方法まで、実は一般の人がダイヤモンドを手にするまでに、いろいろな非倫理的と呼ばれる要素が含まれています。

自分自身が婚約したとき

-ダイヤモンドのビジネスを始めたきっかけは?

村上代表②

私が婚約したとき、その婚約指輪を神戸にある友人のジュエリーの会社に作ってもらいました。その会社のデザインや、職人が一つ一つ作ってくれるということにとても感動し、また大変気に入りました。

しかし残念なことに、その友人が別のことを始めたいと、会社を休業することになってしまいました。自分がそこのジュエリーを気に入っていたこともあり、また皇室にも献上したことがあるぐらい技術がしっかりしていたところだったため、休業してしまうぐらいなら、自分がやりたいと考えるようになったのがきっかけです。

-引き継いで始めたということなのか?

その話は条件面などが折り合わず、その話はまだ実現には至っていません。ただそれをきっかけにダイヤモンドに興味を持つようになり、色々と調べ始めました。そうしたところ、裏に児童労働であるとか、強制労働であるとか、あと紛争ダイヤといったダイヤを資金源として武器を買い、内戦を助長させてしまうような問題があることを知ったのです。

知ってしまった以上、それを自分が販売するときに、あたかも知らない振りをして売るということが難しいし、また精神的にも辛いことだと思い、できることはないかと考え始めました。

-それで何を見つけたのか?

ダイヤモンドの多くはアフリカで採掘されていますが、実際に現場で掘っている人たちは経済的に自立ができていなく、貧困などに苦しんでいるのです。そしてその裏には、先ほどのような問題 ―児童労働や強制労働といった― があります。

もともと国際協力の仕事をしていたこともあって、何かそういった問題の解決ができないかと、フェアトレードという手法が使えるのではないかと、ビジネスのコンセプトにして始めようと考えるようになりました。

2年間の準備期間を経て

-コンセプトが見つかり直ぐに始めたのか?

会社を立ち上げたのは、去年…、2013年4月のなのですが、準備期間が2年ぐらいありました。その間は、ビジネスプランコンテストに出たり、それをきっかけに事業計画書を作ったりだとかしていました。その時に、昔同じ会社に勤めていた友人が手伝ってくれることになり、今は一緒にやっています。

-ビジネスプランコンテストで入賞して資金援助が?

ビジネスプランコンテストに入賞したからといって、開業資金援助のようなものはありません。最初に出たのは、ドリームプランプレゼンテーション。それで入賞したのが、横浜ビジネスグランプリというものでしたが、どちらも特に資金援助のようなものがあるわけではありませんでした。

-そうすると自己資金での開業ということか?

そうですね。自分自身と一緒に立ち上げた友人、あとは金融機関から調達しています。

-先行する企業やブランドが多いなか、なぜそれほどまでにダイヤモンドなのか?

村上代表③ある程度、利益が出ると見込んでこのビジネスを始めたところもありますが、利益が上がるからこの商売をしようと考えたというよりは、本当に今のこの現状が許せないという気持ちが強かった。このままではいけないのではないか、と思っている方が強いですね。

今は日本でビジネスを始めていますが、日本で最初にジュエリーを身に着ける方は、ダイヤモンドの裏にあるそういった問題を知らずに選択しているので、そうじゃ無い ―エシカルやフェアトレードといった― 選択肢があっても良いのではないかと感じています。

ですから、先行しているジュエリーの会社やブランドがたくさんあることは分かっていますが、そういったところのダイヤモンドとは全く違った物と、自分では認識しています。

見た目には分からないダイヤモンドだからこそ

-とは言っても、一般の人には同じダイヤモンドに感じてしまうのでは?

確かにそうですね。“ただの普通のダイヤモンド”というかたちにしてしまうと、一般の方が“購入”するというところまでは繋がらないと思うので、実際に ―ダイヤモンドを取り巻く― 世の中で、どういったことが起こっているのかという点と、それに対してピースダイヤモンドが、どういった取り組みを行っているのかを伝えていくということが非常に重要であると思っています。

-伝わり方について、どう感じているか?

取り組みを始める前は、国際協力ということに意識の高い人たちだけが、当初は賛同してくれるのだろうと思っていましたが、意外にそうではなく、一般の方でも、そういった問題があるのであれば“自分も何かをしたい”と言って共感してくれる人が、想像していた以上に多かったという気がしています。

-一般の方がダイヤモンドに触れるタイミングは?

やはり取っ掛かりは、ブライダルの時だと思いますね。

これからご結婚される方が、自分が愛する相手に贈るダイヤモンドが、もしかしたら誰かを傷つけているかも知れない物より、しっかりと“そうではない”と証明されている物の方が、贈る側にとっても贈られる側にとっても、新しい門出を祝福するのに相応しい物だと感じていると思っています。

現状を知ってもらう啓蒙活動

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関内新聞

関内新聞

詳細を見る

関内を愛する人たちにスポットをあて、関内をもっとたくさんの人に愛してもらいたい。観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープなところまで掘り下げたり、マニアックな視点で突き詰めたりして、足で集めた情報を発信することが関内新聞のコンセプト。

関連情報

関連記事

  1. 2015年1月9日(金)

    第3作目!関内新聞が制作する関内「飲食店マップ」2015年冬版!

    関内新聞が制作した関内・関外の飲食店をご紹介する飲食店マップ2015年冬版が完成。今回も新たに特長あ…
  1. 東武浅草駅の裏側、路地の目立たない場所にある「元祖やきかつ 桃タロー」。実は1937年(昭和12年)…
  2. 次の調査ポイントへ移動します。 道中に参加者の方がこんなことを話しをされていました。 「日本では昔か…
  3. つけ麺(特製もりそば)を生み出した「大勝軒」の山岸一雄さんが亡くなったとのニュースが流れて約1週間程…
  4. レストランの味をあなたの食卓に!をテーマに、美味しく食べて身体に優しい親しみやすい食材を使った、簡単…
  5. 日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  6. そのカフェは川越工業高校の正門近くにあります。 オーナー女将の名前は秋田ご出身の遠藤綾子さん。…
  7. 1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…

おもしろ記事

  1. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  2. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  3. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  4. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…

グルメ

  1. 2015年5月12日(火)

    【極み】火曜日限定のランチは、心とカラダに至福な時間を与える

  2. 2015年4月21日(火)

    元祖やきかつ とは何だ!? 体験してみた 浅草グルメ

  3. 2014年5月16日(金)

    【発汗】山下町のハラール本格インドカレー料理で健康的に汗をかく

  4. 2015年6月18日(木)

    浅草の名店「喜美松」から「もつ刺」が消えた日

  5. 2015年4月25日(土)

    浅草で一番の眺望レストランに更なる秘密があった!

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る