【情熱】滝ともはるの音楽が南回帰線を経て行き着いたパラダイス

関内新聞が2013年12月に創刊されてから4ヶ月。

その間、関内という街をひたすら歩き、そして取材を続けている中、この街と音楽は切っても切れない関係があるのではないかと感じるようになった。

2014年3月には、JR関内駅前セルテ11階に入居するハート&ソウルを取材。その時に出会ったハート&ソウルのオーナーでありミュージシャンの原 正行さんと話している中、馬車道は住吉町にいるミュージシャン仲間の話を聞かされる。

 
パラダイスカフェ
パラダイスカフェ⑤

早速そのミュージシャン仲間に会いたいと原さんに嘆願すると、彼は快くその仲間がいるという店に連れて行ってくれた。

尾上町から馬車道に入りホテルのある角を曲がる。この街の道は碁盤の目のようになっているので分りやすい。2ブロックほど歩き、六丁目に差し掛かった交差点の角にある建物の地下にパラダイスカフェはあった。

パラダイスカフェ⑥

原さんの後を追い店の階段を下りていくと、既にその瞬間からアコースティックのギターの音がこぼれてくる。

ココにもまた音楽がある。

新たに出くわした音楽が聴けるお店に、高揚感が高まりつつあるコチラのことなど構いもせず、原さんは店の扉を開けて入っていく。

滝ともはる④

開かれた店の扉へと彼の背中を追う。するとその瞬間、目の前に白髪交じりのオールバックの男が、アコースティックのギターで弾き語りをしていた。

その声には渋みが混じり、そして地の底から響き渡るような強さ声で、ブルースを唄っている。

滝ともはる⑤

滝 ともはる さん

その男こそ、ハート&ソウル原さんが言う、関内のミュージシャン仲間の張本人だった。

 
しばらくの間、滝さんの迫力あるそして何処となく哀愁が漂う歌声に聴き入る。
既に時間は深夜12時を回っていたが、この店はまだまだ終わろうとする気配がない。

 
それが関内の夜。
 

たった1曲。そのわずかな時間で既に、魅了される歌声。この男のことをもっと知りたい。もっと滝さんのことを知らなくては、関内の夜を語ってはならないような気がした。


それから1週間。

再び彼のもとへと足を運んだ。
どうしても話が聞きたいと無理を言う願いを滝さんは、すぐに叶えてくれたのだった。

 
指定された時間は、お店の開店時間よりも3時間も早い。

時間に遅れてはならないと、少し早めに到着したが、店へと下りる階段からは、あの日と同じようにアコースティックのギターの音がこぼれている。

 
ん!? 待たせてしまったかな?
 

滝ともはる⑪

恐る恐る扉を開けるコチラには、気が付かないようだった。曲を遮ってはならないと、後ろ手に静かに入ってきた扉を閉める。

滝ともはる⑨

滝さん:
僕はね、日本一ギターが下手なミュージシャンなんだ。
でもねこうやってずっと練習していれば、いつかは上手くなる。そう思って30年、ずっと練習しているんだよ。いつかは上手くギターが弾けるようになると思ってね。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関内新聞

関内新聞

詳細を見る

関内を愛する人たちにスポットをあて、関内をもっとたくさんの人に愛してもらいたい。観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープなところまで掘り下げたり、マニアックな視点で突き詰めたりして、足で集めた情報を発信することが関内新聞のコンセプト。

関連情報

関連記事

  1. 2015年3月12日(木)

    横浜DeNAベイスターズ、ファン参加で必勝祈願~3月24日(火曜日)

    横浜DeNAベイスターズは、先シーズンに引き続き、ファン参加で必勝祈願を3月24日の火曜日に行うと発…
  1. 例年以上にファンを魅了する今季のDeNAベイスターズ。試合日のハマスタでは、試合以外にもおもしろ企画…
  2. 小箱新聞のエリアは神奈川県西部。横浜・川崎等の東部エリアとはがらりと趣が変わる。東部は、みなとみらい…
  3. 海辺の海外リゾートを感じさせてくれる空間で味わう美味いイタリアンダイナーが吉田町にある。目を閉じれば…
  4. JR関内北口の目の前にあるセルテ11階に60年代~80年代の洋楽をバンド生演奏で聴かせてくれ、美味し…
  5. どこまでが安全でどこまでが危険か?という火山・防災学的に難しいテーマは別として、些細なことや少しの火…
  6. 1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  7. 関西のソウルフードとしての地位を確立したたこ焼きを、爽快さ満点の超炭酸ハイボールと一緒に手軽なスタン…

おもしろ記事

  1. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…
  2. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  3. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  4. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…

グルメ

  1. 2015年6月2日(火)

    豚レバーも対策済 美人ママが切り盛りする 浅草豚やしき

  2. 2015年3月25日(水)

    【一時間半しか営業しない激レア中華 浅草グルメ】

  3. 2015年6月18日(木)

    浅草の名店「喜美松」から「もつ刺」が消えた日

  4. 2015年4月6日(月)

    【浅草 音楽喫茶 ビリージーン】

  5. 2015年5月25日(月)

    【悦楽】弁天通に佇む扉の先に喜び得て楽しめる大人の秘境がある

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る