大涌谷定点観察~編集長の現場レポート~Vol.2

箱根の火山活動とは別に口永良部島でマグマ噴火がおき、大変なことになっています。

今回はマグマ噴火で、噴火の種類ではマグマ自体が噴出するそうで、大変に心配されます。

本日の大涌谷の情報です。

身体で感じる今日の大涌谷

【大涌谷定点観察ポイント@仙石原某所】

観察時間:2015/05/30 AM10:10
天候:晴れ

5月30日の大涌谷
(立ち入り禁止区域を避けているので、全景が撮れず遠目の画像でご容赦ください)

 
1.《目》-「外観」
蒸気噴出は多くは無いものの、時折勢いよく蒸気が立ち上がる。

2.《耳》-「音」
遠くで飛ぶジェット機の音のような蒸気噴出音はだいぶ小さくなった。

3.《鼻》-「匂い」
かすかに硫黄の匂いがする。

4.《体感》-「振動」
現在は落ち着いている。

5.《その他》
この状況では全体として落ち着いているように感じる。

 
《編集長のコメント》

全体的に安定している。

2,3日前にも震度1以下であろう揺れがいくつもありました。

昨晩は夜にかなり大き目の噴出音がしていました。

特徴は「揺れ始めるとしばらく続き、収まるとしばらく揺れない」の繰り返しのように感じます。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小箱新聞

小箱新聞

詳細を見る

小田原と箱根をあわせた小箱エリアにスポットをあて、この街をたくさんの人に愛してもらいたい。観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープに掘り下げ、マニアックな視点で突き詰めて、足と努力で集めた情報を発信することが小箱新聞のコンセプト。

関連情報

関連記事

  1. 2014年5月14日(水)

    【楽園】イギリスの路地裏を感じるアウトローなBarで幸せに満ちる

    ベイスターズ通りに近い常盤町で馬車道を感じさせるガス灯のあかりが照らすレンガ作りの雰囲気。その先に見…
  1. 中華街自体はちょくちょく来るのに「横濱関帝廟」は素通りしがち…ということ、ありませんか?三国志で有名…
  2. 「横濱関帝廟」と並ぶきらびやかな廟「横濱媽祖廟(まそびょう)」。この媽祖廟で観光客を中心に人気なのが…
  3. 埼玉医大での診察を終えての帰り、お昼ご飯までにはまだ時間がある。 天気も良いので何となく伊佐沼までブ…
  4. 浅草のランチでコスパのトップレベルにあるのが、ROXの近くにある「ステーキハウス松波」ランチタイムは…
  5. 平成27年6月末に閉館した川越市民会館。その最後を飾るプレミアムエキシビションが6月28日、29日に…
  6. 入谷駅から程近い場所に「小野照崎神社(おのてるさきじんじゃ)」がある。ここは「小野篁(おののたかむら…
  7. JR関内北口の目の前にあるセルテ11階に60年代~80年代の洋楽をバンド生演奏で聴かせてくれ、美味し…

おもしろ記事

  1. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  2. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…
  3. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  4. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…

グルメ

  1. 2015年3月2日(月)

    【浅草 創作とんかつ カツ吉】

  2. 2015年4月5日(日)

    【浅草 中華料理 偕来(かいらい)閉店していた】

  3. 2014年5月5日(月)

    【蛸楽】関内でハイボールと楽しむ関西のソウルフード築地銀だこ

  4. 2013年12月22日(日)

    【北雪】日本酒の会では美味しいお酒が存分に味わえるジャン!

  5. 2014年9月23日(火)

    【想見】馬車道の夜をおどろきに旨く割烹SOUで季節を思い浮かべる

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る