大涌谷定点観察~編集長の現場レポート~Vol.4

本日の大涌谷の情報です。

身体で感じる今日の大涌谷

【大涌谷定点観察ポイント@仙石原某所】

観察時間:2015/06/16 AM09:20
天候:曇り

6月7日の大涌谷
(立ち入り禁止区域を避けているので、全景が撮れず遠目の画像でご容赦ください)

 
1.《目》-「外観」
明らかに噴出する水蒸気が少なくなってきたのが目に見えて分かる

2.《耳》-「音」
ほとんど聞こえない

3.《鼻》-「匂い」
無臭

4.《体感》-「振動」
少なくなっている

5.《その他》
騒ぎが起きる前の状態に近い

 
《編集長のコメント》

昨日晩から僅かな揺れを身体で感じることがあります。
このところこういった火山性地震も減っていたため、「おやっ?」と感じました。
全体に収束方向に向いているように感じましたが、気は抜けませんね。
やはり、誰もが大涌谷のことは頭の隅にはあるようで、気にはしています。
先ほど浅間山がごく小規模ではありますが噴火したのではないか?と気象庁が発表しています。
引き続き気をつけましょう。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小箱新聞

小箱新聞

詳細を見る

小田原と箱根をあわせた小箱エリアにスポットをあて、この街をたくさんの人に愛してもらいたい。観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープに掘り下げ、マニアックな視点で突き詰めて、足と努力で集めた情報を発信することが小箱新聞のコンセプト。

関連情報

関連記事

  1. 2015年7月23日(木)

    横浜DeNAベイスターズ・野球の日の始球式に柳沢慎吾が帰ってくる!

    横浜DeNAベイスターズは真夏の横浜スタジアムでチームを勝利へ導く3日間の夏祭り「勝祭」を開催。最終…
  1. 1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  2. 芦ノ湖のほとりにある『箱根神社』。今ではパワースポットとしても知られる「九頭竜神社」もあっていろいろ…
  3. 伊勢佐木町は、昭和の時代は約40もの映画館が立ち並ぶ映画の街でした。「封切り」という言葉を生み出した…
  4. 大家族のドキュメンタリーとして社会現象になった『痛快!ビッグダディ』シリーズ。そのビッグダディが実は…
  5. JR関内北口の目の前にあるセルテ11階に60年代~80年代の洋楽をバンド生演奏で聴かせてくれ、美味し…
  6. トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  7. 去年から出て早くも第4弾が現在発売中!前回の第3弾は売切れ店が続出した人気の本。浅草界隈では今の所よ…

おもしろ記事

  1. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  2. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  3. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  4. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…

グルメ

  1. 2015年1月30日(金)

    【霜降】Barメシの域を超えた肉を食べさせる凄腕のBlackVelvet!

  2. 2014年5月7日(水)

    【宵闇】宵の薄暗さが迫る街で空仰ぎ見つかるM’sBarで優しく酔う

  3. 2014年4月20日(日)

    【満腹】もうマジックとしか思えないタンメン青空で最高の満足感

  4. 2015年8月4日(火)

    暑いからこそガッツリ食ってスタミナ充電!〜辻友食堂〜

  5. 2014年1月22日(水)

    【伝統】時代を超えて愛される「ホフブロウ」で歴史を感じる。

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る