川越散策したら和みの空間で一休み〜和カフェ 夢宇(むう)〜

喜多院不動通りに4月25日にオープンした赤い暖簾と名前の可愛いお店「夢宇(むう)」。

和カフェ 夢宇(むう)

お店の前には広場が設けられていて、どこかほっとさせる空間が演出されています。

和カフェ 夢宇(むう)

ウッドデッキのテラスもあって、ワンコとの散歩の途中にランチやコーヒーを楽しめます。

前回の記事でカラーセラピスト百瀬裕子さんのインタビューを行ったのもこちらの席です。

テラス席

 

‖ 中に入ってみましょう

お店の中に入ると手前が物販スペースになっていて、奥に食事処という造りになっています。

左手には和風小物や雑貨がディスプレイされています。

和カフェ 夢宇(むう)

これからの季節、こんな竹製の箸でソーメンなんかを頂くとより涼しげに感じそう。

竹箸

思わず手に取って眺めたくなる昭和レトロな小物グッズの数々。

レトロ雑貨

そして、右手にはティータイムや手みやげにぴったりの焼き菓子。

焼き菓子

どれも美味しそうなのでついつい目移りしてしまいます。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カワゴエ[マス]メディア

カワゴエ[マス]メディア

詳細を見る

江戸情緒あふれる小江戸川越では、まちづくりに燃える川越大好きな街の人々が溢れています。KAWAGOE〼MEDIA(カワゴエ[マス]メディア)では、街の活性化に取り組む皆をICTで応援!。点在する川越の情報を一つに集約し、ポータルサイト、スマートフォンアプリ、コンテンツを組み合わせて川越内外へ情報を発信する新たなメディアを目指しています。

関連情報

関連記事

  1. 2015年6月9日(火)

    うまい、うますぎる 〜麺屋ひな多の「川越中華そば」〜

    新聞でも話題となった川越の老舗である松本醤油×轟屋が開発した「川越中華そば」 お店では立門前(たつも…
  1. 伊勢佐木町は、昭和の時代は約40もの映画館が立ち並ぶ映画の街でした。「封切り」という言葉を生み出した…
  2. 1869年5月9日に横浜馬車道で日本人初のお店が開業。そのお店はアイスクリーム店。なんと、夏の定番デ…
  3. つけ麺(特製もりそば)を生み出した「大勝軒」の山岸一雄さんが亡くなったとのニュースが流れて約1週間程…
  4. 「サクラ」の花見シーズンが終わったら、今度は「藤の花」です。浅草寺境内には藤棚があり今が見頃。休憩所…
  5. 東武浅草駅の裏側、路地の目立たない場所にある「元祖やきかつ 桃タロー」。実は1937年(昭和12年)…
  6. BAR発祥の地「山下町」で40年以上に渡り繋いで来た想い出は、様々な奇跡が重なり続いている。中華街の…
  7. モーニングからランチ、カフェタイムへと移り行き、素敵なミュージックと美味しいディナーまでもを楽しませ…

おもしろ記事

  1. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  2. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  3. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  4. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…

グルメ

  1. 2014年4月15日(火)

    【神秘】宇宙空間に投げ出されるプラネットBar星蔵で流星を見る

  2. 2014年8月18日(月)

    【繋想】様々な奇跡が重なり北欧の想い出を繋げるBAR NORGE-前編

  3. 2014年4月17日(木)

    【情熱】滝ともはるの音楽が南回帰線を経て行き着いたパラダイス

  4. 2015年4月21日(火)

    元祖やきかつ とは何だ!? 体験してみた 浅草グルメ

  5. 2015年3月25日(水)

    【一時間半しか営業しない激レア中華 浅草グルメ】

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る