色に導かれた輝く生き方~百瀬裕子さん(カラーセラピスト)~

image (14)

(c)Hisako Homma

今回のインタビューはHinano代表、カラーセラピストの百瀬裕子(ももせゆうこ)さんです。

中学生の男の子と小学生の女の子、2人のお子さんを持つママでもある百瀬さん。

そんな彼女はいつも好奇心いっぱいの少女ようなきらめきを放っています。

どこでどのようにカラーセラピストという仕事に出会ったのか?

そこで、どんな気づきがあり、そして輝く今にいたるのか?をお聞きしました。

image (32)

‖ カラーセラピストへのきっかけ

ちなみに、彼女が携わっているカラーセラピストというお仕事は、色をつかってその人の本当の悩みや気づきを引き出し、癒し、本来その人が持っている可能性を広げていくものです。 何を隠そう、実は私もカラーセラピストの資格を持っていたりします(笑)。

色について、というだけでなく、女性の生き方そのものを問うインタビューになりました。

学校を卒業してからは結婚式場でブライダルコーディネーターとして男性と肩をならべ、昼夜を問わずバリバリ働いていた百瀬さん。 周りの人が幸せになっていく、その笑顔を見るのがなによりも楽しかったそうです。

しかし、拘束時間が長くいつでもどこにいても電話がかかってくる毎日にすこしづつ自分の生き方を考えるようになりました。

結婚後は転職をして仕事をセーブしていたそうですが、「子供が産まれたら、いずれは自宅で仕事をしたい」という強い思いが芽生えてきました。

ブライダルコーディネーターをやっていた時に出会ったフラワーアレンジメントに魅せられ、それをご自宅でもお仕事として取り組んでいました。

image (6)

―どのようにしてカラーセラピーに出会ったのですか?

 

「フラワーアレンジメントは子供が産まれてからは自宅でほそぼそと、先生のところにもアシスタントとしてお手伝いにいっていました。 そんなときに、私の友人がカラーセラピストの市民講座を案内してくれたんです。 長男が生まれてからはなかなか外に出づらくなっていたんですが、面白そうだなと思いました。 夜の開催だったのですが思い切ってでかけました。 そうしたら・・・はまりました(笑)」

 

―それですぐにカラーセラピストになろうと勉強をはじめたのですか?

 

「いいえ。 実はその夜の講座に参加するにあたり、旦那さんと大ゲンカになってしまって・・(笑) 『何のために結婚したの?こどもを産んだの?』という周囲からの暗黙のプレッシャーも感じていました。 それでも夜の市民講座には参加し続けました。 でも、やっぱりまだ長男も小さかったですし、そのあと長女も生まれたことから、実際本格的に勉強しはじめるまで5年ほどかかりました。 市民講座の先生から暑中見舞いのはがきがきて、そこに講座の日程がかいてあって、今かもしれないと思いました。」

 

―実際カラーセラピーを本格的に学び始めてみていかがでしたか?

 

「号泣しました・・」

 

―ご、号泣?!

 

「はい、講座に行くと、まず自分自身をセラピーするんです。 そこで、一気に自分の感情が解放されて号泣してしまいました(笑)。 育児疲れしてたんでしょうか? 周囲からの期待を背負ってしまい『いいお母さんでいなければいけない、幸せなおかあさんでなければならない』という風に思うようになって、知らず知らず自分自身を追い込んでいました。 そして私は母親であって、百瀬裕子としては生きてはいけないと思ってました。」

 

インタビュー当日はとてもきれいなシャーベットオレンジのワンピースを着ていた百瀬さん。

でも、育児をしている最中はなぜか暗い色ばかり着ていたそうです。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カワゴエ[マス]メディア

カワゴエ[マス]メディア

詳細を見る

江戸情緒あふれる小江戸川越では、まちづくりに燃える川越大好きな街の人々が溢れています。KAWAGOE〼MEDIA(カワゴエ[マス]メディア)では、街の活性化に取り組む皆をICTで応援!。点在する川越の情報を一つに集約し、ポータルサイト、スマートフォンアプリ、コンテンツを組み合わせて川越内外へ情報を発信する新たなメディアを目指しています。

関連情報

関連記事

  1. 2015年6月7日(日)

    21基の赤い鳥居は異空間へと導く扉の入り口!?〜篠田塚稲荷神社〜

    川越の中心街から見て西側に位置する石原町。 住宅街の中に出し抜けに目に飛び込んできたずらりと並ぶ赤い…
  1. あなたが大切な人に愛の証を贈るダイヤモンドは、その想いを伝えるに相応しい輝きを持つダイヤモンドだろう…
  2. 川越駅東口から徒歩1分のところにできた新しいお店「パンチ・ライン・ガレージ」ランチメニューに30cm…
  3. 実は本牧ド素人のワタシ。どこからどう取り上げていこうか判らない中、まずは本牧らしいお店で食事を摂って…
  4. 海辺の海外リゾートを感じさせてくれる空間で味わう美味いイタリアンダイナーが吉田町にある。目を閉じれば…
  5. ここ数年、国内外から年々増える観光客。川越市役所の統計では平成26年の観光客数は660万、外国人も7…
  6. みなとみらいの夜景を見るならやはり関内が一番。山下公園から象の鼻パークまでずぅ~っと夜景を見ながらデ…
  7. 中華街自体はちょくちょく来るのに「横濱関帝廟」は素通りしがち…ということ、ありませんか?三国志で有名…

おもしろ記事

  1. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  2. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  3. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  4. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…

グルメ

  1. 2014年5月28日(水)

    【食感】さくさくなピザ生地ともちもちのパスタこそ「さぬきの夢」

  2. 2015年4月9日(木)

    【つけ麺 大勝軒 山岸さん 追悼】

  3. 2015年3月25日(水)

    【一時間半しか営業しない激レア中華 浅草グルメ】

  4. 2015年7月6日(月)

    新鮮な刺身が付いたボリューム満点ランチが980円で食べられる

  5. 2014年11月4日(火)

    【体感】たくさんのお料理が幸せに感じさせる洋食のtaku.で過ごす

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る