【夏盛】厳島神社関内まつりの御神輿が、関内の街を練り歩く!

真夏日となった8月最初の週末。関内では、「厳島神社関内まつり」が催され、多くの人で賑わった。

協賛

小紙も微力ながら協賛させていただいた、この関内まつり。地元の「関内街づくり振興会」が中心となり準備が進められ、天候にも恵まれ開催の運びとなる。

祈り

関内の中心的施設でもある「関内ホール」の正面に、和太鼓の音が響き渡った14時30分。次第に人が集まり始めて、神輿が馬車道の道路上に運ばれてくる。

最初に厳島神社の宮司によって祈りが捧げられ、いよいよ神輿が関内の街へと動きだした。

神輿①

掛け声に合わせて、上下にゆさゆさと揺れながら、馬車道を進みだした御神輿。法被姿の男女が汗だくになりながら、関内の街中を練る歩いて行った。

神輿②

担ぎ手は、地元関内の飲食店や、各町内会の関係者の人たち。若い男衆だけでなく、若い女性や子供たち、そして年配の人まで神輿を担ぎ、関内の街を盛り上げていた。

神輿③

そして御神輿は関内大通りを渡り、桜通りから尾上町のセルテを通り、関内ホールへと戻っていった。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関内新聞

関内新聞

詳細を見る

関内を愛する人たちにスポットをあて、関内をもっとたくさんの人に愛してもらいたい。観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープなところまで掘り下げたり、マニアックな視点で突き詰めたりして、足で集めた情報を発信することが関内新聞のコンセプト。

関連情報

関連記事

  1. 2015年1月27日(火)

    横浜DeNAベイスターズ、ホームユニフォームデザイン変更を発表!

    横浜DeNAベイスターズが、2015年シーズから使用するホームユニフォームのデザインを変更する。20…
  1. 開港150周年を記念して始まった「横浜セントラルタウンフェスティバル」の関内エリアのイベントとして、…
  2. 埼玉医大での診察を終えての帰り、お昼ご飯までにはまだ時間がある。 天気も良いので何となく伊佐沼までブ…
  3. みなとみらいの夜景を見るならやはり関内が一番。山下公園から象の鼻パークまでずぅ~っと夜景を見ながらデ…
  4. レストランの味をあなたの食卓に!をテーマに、美味しく食べて身体に優しい親しみやすい食材を使った、簡単…
  5. 厳島神社関内まつりの御神輿が関内の街中を練り歩き、8月2日の関内は熱気に包まれた。天気にも恵まれた真…
  6. ここ数年、国内外から年々増える観光客。川越市役所の統計では平成26年の観光客数は660万、外国人も7…
  7. JR関内北口からセルテを抜けて2分にある最高の出汁でおでんを食わす「地酒や 文次郎」。相模湾の朝どれ…

おもしろ記事

  1. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  2. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  3. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  4. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…

グルメ

  1. 2013年12月15日(日)

    【快挙】中華街の老舗BAR「ケーブルカー」に潜入したジャン!

  2. 2015年3月2日(月)

    【浅草 創作とんかつ カツ吉】

  3. 2015年1月30日(金)

    【霜降】Barメシの域を超えた肉を食べさせる凄腕のBlackVelvet!

  4. 2015年5月25日(月)

    【悦楽】弁天通に佇む扉の先に喜び得て楽しめる大人の秘境がある

  5. 2014年9月18日(木)

    【瞑想】豊富なモルトにうなり心身の静寂を取り戻せるBAR MARINE

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る