【収穫】ゆったりとした時が流れ、遊び心をくすぐってくれる時遊

すっかり久方ぶりになってしまったな…。

夜の関内で一人、ゆっくりした時間を持ち食事を摂るなど、どのぐらい振りだろうか。

 
街はすっかり年の瀬の慌ただしさを感じさせてくれるように、あちらこちらで大所帯の食事客が良い調子になって歩いている。

そんな街の繁忙を横目に、今宵はゆったりとした気持ちを大切に育んでやりたいというモンだ。

 
今年もあと1ヶ月で終わるが、12月という月には当然の如く忘年会だのパーティーだのが、のように予定表に流れ込んでくる。

その流れ落ちる多忙な夜のカレンダーに、ぽっかりと空いた切れ間の夜に相応しい店を選んでやる。

ちょっと歩いただけで、すっかり身体が冷めきってしまうような気温。温かい料理と美味い酒というのが定番だろうが、刺すような寒さに神経がピリピリしてしまう夜には、優しい料理とワインをゆっくり味わいたい。

 

Watch & Wine 時遊

時遊の看板

馬車道からネオンが賑やかに楽しく感じる相生町を曲がり、もうここが終点かと諦めずに歩いた角を曲がると、今宵の気持ちを優しく包んでくれるお店がある。

随分前に洒落たBarのマスターが、ここはいいゾと教えてくれたのだった。

アイツに隠れてワインを楽しむ時の場所として、何度か使わせてもらったことはあったが、ゆっくりと食事に来るのは初めてになるか。

※アイツとは、関内新聞のグルメカテゴリのネタに登場するボランティアのスタッフのパクパク隊のこと。前回は、お箸でも食べられる柔らかスペアリブの回に登場している。

時遊の入口

いつもは遅い時間に、ひょっこり現れることが多いのに、こんな早い時間に顔を出すと、びっくりするんじゃないだろうか。

時遊の扉

そんなことがフっと脳裏をかすめると、優しい雰囲気の店を作る、優しいマスターの驚いた顔が見たくなり、遊び心でいっぱいの少年のように、一気に階段を登って扉に手を掛ける。

時遊の荒谷さんご夫妻

 
こんばんわっ!
 

このお店に来ると、いつも決まって、テンションが上がってしまう。その理由は、何と言ってもこの自らノムリエと宣言するオーナーの荒谷さんご夫妻の優しい笑顔。一瞬にして時間を優しく丸めてくれそうな、確実に柔らかい笑顔で時間を彩ってくれる。

ただ美味いだけじゃなく、時間と空気それと雰囲気の全てで幸せにさせてくれる、そんなお店だと偽りもなく感じられるから、今宵のステージに選びたくなったんだ。

どんなに仕事で疲れていても、どんなに忙しさに神経をすり減らしてしまっていても、自然とテンションを上げられる。一人で過ごす今宵の物語には、なくてはならないファクターだろうな。

時遊の砂時計

たっぷりと時間はある。

それに今宵は絶妙なタイミングで入るツッコミに、得意の妄想を遮られることもない。時間の流れにドップリと身を預け、遊び心を総動員させた言葉遊びをもツマミにしてやれる夜だ。

時遊のお通しとビール

さぁて、ゆっくり始めるとしよう。

とりあえずビール。

それは仕方が無いだろう。バブルの頃に夜の街を覚えたわけじゃないが、バブルの頃を知っている上司に育てられたんだ。宴会に行って、とりあえずと言えば?と聞かれれば、それは間違いもなくビールですと答えなくてはならなかった世代だ。

そんな苦い記憶が蘇っても、これがビールの真骨頂だろうと言わんばかりに最高な分量でキメの細かい泡が乗せられ、グラスに注がれた黄金色のビールは、それを一口飲めばサンタクロースのような白いお髭を蓄え、ぷっはぁ~とやってしまうことに決まっている。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関内新聞

関内新聞

詳細を見る

関内を愛する人たちにスポットをあて、関内をもっとたくさんの人に愛してもらいたい。観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープなところまで掘り下げたり、マニアックな視点で突き詰めたりして、足で集めた情報を発信することが関内新聞のコンセプト。

関連情報

関連記事

  1. 2015年7月14日(火)

    食の楽しみを演出する心遣いが嬉しい和食の店〜うまいもの 幸膳〜

    霞ヶ関中学校から川越日高街道を笠幡駅方面に進んで200m位のところ。黒をバックに渋く白で書かれた「う…
  1. 芦ノ湖のほとりにある『箱根神社』。今ではパワースポットとしても知られる「九頭竜神社」もあっていろいろ…
  2. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
  3. 個性あふれる飲食店がひしめく野毛の街。ここ数年で女性が入りやすいお店も増えたといいますが、やっぱりな…
  4. 海辺の海外リゾートを感じさせてくれる空間で味わう美味いイタリアンダイナーが吉田町にある。目を閉じれば…
  5. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  6. 入谷駅から程近い場所に「小野照崎神社(おのてるさきじんじゃ)」がある。ここは「小野篁(おののたかむら…
  7. 現在、浅草六区を代表する建物の一つである日本中央競馬会(JRA)の場外馬券場「ウインズ浅草」と、JR…

おもしろ記事

  1. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  2. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  3. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…
  4. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…

グルメ

  1. 2014年5月5日(月)

    【蛸楽】関内でハイボールと楽しむ関西のソウルフード築地銀だこ

  2. 2015年3月25日(水)

    【一時間半しか営業しない激レア中華 浅草グルメ】

  3. 2015年3月2日(月)

    【浅草 創作とんかつ カツ吉】

  4. 2015年4月25日(土)

    浅草で一番の眺望レストランに更なる秘密があった!

  5. 2015年7月21日(火)

    蔵の街を駆け抜ける音楽と芸術の都ウィーンの風〜MieCoco(ミー・ココ)〜

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る