【伝統】時代を超えて愛される「ホフブロウ」で歴史を感じる。

シルクセンターのスクランブル信号を渡り、正面にマリンタワーを見ながら水町通りを歩く。

この辺りを歩く時いつも感じることだが、この辺が一番“横浜らしい横浜”だと思える。

肌に感じる海風、あちこちに残る歴史的な建物。

昼間の暖かい時間の散歩に疲れれば、ここから東にある山下公園のベンチで一休みするも良し、夜の人寂しく感じる時間であれば、開港広場から見える橙色のランプに温もりを感じるのもまた良い。

幾つもの選択肢を与えてくれるのも、ここから“どの”方角に向かっても、楽しむことができる場所があるからだろう。

たけど今は、朝から何も食べていない週末の昼過ぎ。目的は明らかだ。

 
猛烈に腹が減っている。
 

スクランブル信号を渡ってから、迷うことなく水町通りに入る。

この辺りは元々居留地で、街路に居留外人のための水道管が布設されていた。その名残りが通りの名前となって残っている。

この日の目当ては洋食。

がっつりの洋食とビールで、軽く酔いたい気分だった。

たまにこんな週末がある。

昼間の明るい時間に少しアルコールで気持ちよくなり、お腹をいっぱいにしてから、少しずつ日が暮れていくのを楽しんでいたい。

そんな週末の至福な時間の過ごし方を考えながら歩いていると、本日のお目当てのお店が見えてくる。

 
The HOF BRAU(ホフブロウ)
外観2

通りに突き出すようにかけられている看板には、横文字が並ぶ。こんなところでも横浜らしさを感じさせてくれるのが、また嬉しい。

いや、看板だけじゃない。

お店の外観すべてから、異国情緒がビシビシと伝わってくる。

外観1

タイルをあしらった壁に、こげ茶色の扉。

他では絶対お目に掛かることができない面構え。それがまた、これから食し更に酔う、週末の昼下がりの後ろめたさを忘れさせてくれる。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関内新聞

関内新聞

詳細を見る

関内を愛する人たちにスポットをあて、関内をもっとたくさんの人に愛してもらいたい。観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープなところまで掘り下げたり、マニアックな視点で突き詰めたりして、足で集めた情報を発信することが関内新聞のコンセプト。

関連情報

関連記事

  1. 2015年1月4日(日)

    【浅草寺 7日迄の限定アイテムとは?】

    初詣で賑わう浅草寺ですが、実は7日迄しか入手出来ないアイテムがあるんです。1つめは「開運厄除札」…
  1. 10月31日からイセザキ・モール1・2St.(1・2丁目)で「イセザキ☆ライト2014」が開催中。5…
  2. 「サクラ」の花見シーズンが終わったら、今度は「藤の花」です。浅草寺境内には藤棚があり今が見頃。休憩所…
  3. 日本酒のウンチクと美味しい料理が同時に堪能できる日本酒の会。その噂をかぎつけた関内新聞は迷うことなく…
  4. 入谷駅から程近い場所に「小野照崎神社(おのてるさきじんじゃ)」がある。ここは「小野篁(おののたかむら…
  5. 1869年5月9日に横浜馬車道で日本人初のお店が開業。そのお店はアイスクリーム店。なんと、夏の定番デ…
  6. 美しいピンクの花びらを持つ古代蓮が目の前に広がる伊佐沼。梅雨の晴れ間となった7月11日に出かけたら、…
  7. トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…

おもしろ記事

  1. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…
  2. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  3. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  4. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…

グルメ

  1. 2015年4月15日(水)

    浅草 ぬる燗 新店舗で復活! 変わらぬ素晴らしさ

  2. 2015年5月25日(月)

    【悦楽】弁天通に佇む扉の先に喜び得て楽しめる大人の秘境がある

  3. 2015年8月2日(日)

    田んぼは僕たちが守るぞ!愉快な警備隊〜南古谷かかしまつり〜

  4. 2014年4月17日(木)

    【情熱】滝ともはるの音楽が南回帰線を経て行き着いたパラダイス

  5. 2014年10月15日(水)

    【舌鼓】箸で食べれるスペアリブの圧巻グリル料理でZIPを満足する

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る