第1回 関内フード&ハイカラフェスタが5月30日31日に開催される

開港150周年を記念して始まった「横浜セントラルタウンフェスティバル」の関内エリアのイベントとして、『第1回 関内フード&ハイカラフェスタ』が、5月30日(土)~31日(日)の二日間で開催される。

チラシ①

横浜セントラルタウンフェスティバルは、開港150年となった2009年より毎年開催されているイベントで、関内エリアを始め、馬車道・中華街・山下公園・元町山手などの横浜を代表する街で、それぞれの街を象徴するイベントが毎年行われている。

チラシ②

その中で、今年は開港後156年に当たり、「Y156」と題されて開催。関内エリアは、関内周辺の飲食店、その他物販、ワークショップ等のブースを弁天通に60店舗程出店する予定。

また31日には、横浜メディア・ビジネスセンター1階のApplause(アプローズ)では、関内周辺のバーテンダーを集めカクテルの販売などを実施する「カクテルショー」を開催。同時に美小柄の女性達のトーク&ファッションショーや本を使った知的合戦・ビブリオバトルなども予定している。

5月の最後の土日の関内は、街全体が盛り上がるイベントで大いに賑わうと予想される。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関内新聞

関内新聞

詳細を見る

関内を愛する人たちにスポットをあて、関内をもっとたくさんの人に愛してもらいたい。観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープなところまで掘り下げたり、マニアックな視点で突き詰めたりして、足で集めた情報を発信することが関内新聞のコンセプト。

関連情報

関連記事

  1. 2015年6月2日(火)

    ソースが絶品!バルもおすすめ!気軽なフレンチのお店〜Gerberoy(ジェルブロワ)〜

    東武東上線の川越市駅を降りると目の前にあるのは川越スケートセンター。踏切を渡ってしばらく歩けば茶、ピ…
  1. 2月19日から3月5日まで、今年も中華街を大いに賑わせた「春節」。皆さんは足を運ばれましたか?「春節…
  2. 私たちがなんとなく「関内」と呼んでいるこの一帯、どこからどこまでが「関内」なのか元々はしっかりと定義…
  3. 「初詣(はつもうで)」は有名ですが「夏詣(なつもうで)」なんてものがあり開催中です。これは浅草神社が…
  4. 1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  5. 去年から出て早くも第4弾が現在発売中!前回の第3弾は売切れ店が続出した人気の本。浅草界隈では今の所よ…
  6. 今回のインタビューはHinano代表、カラーセラピストの百瀬裕子(ももせゆうこ)さんです。中学生の男…
  7. 浅草寺の裏の一帯、通称「観音裏」でもかなり奥にある中華料理店。場所もなかなかの秘境にあれば、営業時間…

おもしろ記事

  1. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  2. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  3. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  4. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…

グルメ

  1. 2015年7月13日(月)

    ジンギスカン霧島 浅草店(新店舗)

  2. 2015年6月28日(日)

    ジューシーな鶏はインパクト大!地鶏や 一鳥で大人の味わいを!

  3. 2015年1月30日(金)

    【霜降】Barメシの域を超えた肉を食べさせる凄腕のBlackVelvet!

  4. 2015年7月28日(火)

    いよいよ夏本番!元気な霞ヶ関に涼を求めて〜かき氷 銀時〜

  5. 2015年7月14日(火)

    食の楽しみを演出する心遣いが嬉しい和食の店〜うまいもの 幸膳〜

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る