第1回 関内フード&ハイカラフェスタが5月30日31日に開催される

開港150周年を記念して始まった「横浜セントラルタウンフェスティバル」の関内エリアのイベントとして、『第1回 関内フード&ハイカラフェスタ』が、5月30日(土)~31日(日)の二日間で開催される。

チラシ①

横浜セントラルタウンフェスティバルは、開港150年となった2009年より毎年開催されているイベントで、関内エリアを始め、馬車道・中華街・山下公園・元町山手などの横浜を代表する街で、それぞれの街を象徴するイベントが毎年行われている。

チラシ②

その中で、今年は開港後156年に当たり、「Y156」と題されて開催。関内エリアは、関内周辺の飲食店、その他物販、ワークショップ等のブースを弁天通に60店舗程出店する予定。

また31日には、横浜メディア・ビジネスセンター1階のApplause(アプローズ)では、関内周辺のバーテンダーを集めカクテルの販売などを実施する「カクテルショー」を開催。同時に美小柄の女性達のトーク&ファッションショーや本を使った知的合戦・ビブリオバトルなども予定している。

5月の最後の土日の関内は、街全体が盛り上がるイベントで大いに賑わうと予想される。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関内新聞

関内新聞

詳細を見る

関内を愛する人たちにスポットをあて、関内をもっとたくさんの人に愛してもらいたい。観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープなところまで掘り下げたり、マニアックな視点で突き詰めたりして、足で集めた情報を発信することが関内新聞のコンセプト。

関連情報

関連記事

  1. 2015年3月20日(金)

    小田原おでんサミット2015でおでんおでん食いまくっちゃいな!

    全国各地のおでんを食べ比べるお祭り「小田原おでんサミット2015」が4月4日~5日の週末に開催!小田…
  1. 平成2年の着工からようやく、この3月に全面開通した「小田原箱根道路」。1号線に併走するように開通した…
  2. 江戸時代に浅草神社の正月行事として毎年1月5日に開催されていた「流鏑馬(やぶさめ)」。今でも隅田公園…
  3. 「横濱関帝廟」と並ぶきらびやかな廟「横濱媽祖廟(まそびょう)」。この媽祖廟で観光客を中心に人気なのが…
  4. 海辺の海外リゾートを感じさせてくれる空間で味わう美味いイタリアンダイナーが吉田町にある。目を閉じれば…
  5. 先入観を捨て、邪念にとらわれずに吟味すれば、きっと見つかる美味しいBarメシ。BarなのにBarだけ…
  6. 縁結びの神様としてテレビや雑誌等でも良く特集される川越氷川神社。こちらでは、7月4日から8月31日ま…
  7. 伊勢佐木町は、昭和の時代は約40もの映画館が立ち並ぶ映画の街でした。「封切り」という言葉を生み出した…

おもしろ記事

  1. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  2. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  3. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  4. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…

グルメ

  1. 2015年7月13日(月)

    「魚鶏屋」肉も魚もお野菜も大迫力のボリュームで旬の味を堪能!

  2. 2013年12月16日(月)

    【発見】コスパ!ココット料理「KATIA」女子ウケするジャン!

  3. 2015年4月27日(月)

    【絶叫】串カツの本場関西人も絶賛する「揚屋鈴」ではしゃぎ回る

  4. 2014年5月5日(月)

    【蛸楽】関内でハイボールと楽しむ関西のソウルフード築地銀だこ

  5. 2015年7月6日(月)

    新鮮な刺身が付いたボリューム満点ランチが980円で食べられる

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る