【霜降】Barメシの域を超えた肉を食べさせる凄腕のBlackVelvet!

作業が片付かず、すっかりと終わりが遅くなってしまった。

集中して作業に没頭していたこともあり、気が付いてみると晩飯という時間からは、大きくずれ込んでしまっている。

こんな時間からアイツを呼び出したとしても、きっと美味いもんを食べ終わったと、出不精になって付き合ってはくれないだろうな。

※アイツとは、関内新聞のグルメカテゴリBarカテゴリの記事で、読者に楽しさと美味しさの感動を伝えるために、時折手だけで出演するボランティアスタッフのパクパク隊のこと。前回は中華街のNORGEの回で登場しているが、最近はご無沙汰の傾向にある。

 
仕方が無い…か。
 

久しぶりにこんな夜も良いもんだ。

そう決め込むと、いつものようにアテもなく街に繰り出すことにする。

 
何が食べたいか…とか、何が飲みたいか…などという気分ではない。そんな夜には、関内の真ん中から東西南北どちらに一歩を踏み出すかで、ノレる気分が決めてくれる。

そう決め込むと、桜通りをJR関内駅の方に…、そう西に向かって一歩を踏み出した。

 
今夜の気分は桜通りなのか?
 

この通りにも胃袋を魅了する、多くの飲食店が軒を連ねる。その通りを目で何かを追い求めながら、ゆっくりと歩いていく。

が、今夜の胃袋は、この通りで足を止めることを許さない様だった。二日酔いの朝に、すっきりした気分になりたいとやって来た、酸素カプセルの店がある建物を右に折れ、関内の入口ともいえるたこ焼き屋の交差点を更に進み、気が付けば馬車道通りすらをも超えていく。

胃袋の気の赴くままに任せ、辿り着いたのは常磐町の6丁目界隈。このあたりは隠れきれない良店があると、居酒屋で呑んだ後の2軒目として、しばしば訪れたことがあるエリア。

胃袋よ…、
今夜のお前の気分は、どこに連れて行こうとしているのだ…。




ブラックベルベットの外観①

たばこの自販機を通り過ぎ、何となく後ろ髪が惹かれて足を止め振り返ってみると、そこにはビシビシと爽やかに怪しげを放つ魅惑的な扉が、手を伸ばして開けて見ろよと主張している。

ブラックベルベットの外観②

一歩下がってとしても、躊躇う心を確かめるかのように、固唾を飲むこちらに向けて、角がちゃんと尖ったムードで攻めてくる。

ブラックベルベットの外観③

すっかりと足を止め、そして最後は、この重厚な扉を開く決意を固めるだけ。今夜の気分は、この店へと連れて来たかったのだろうか?それとも、この場所で胃袋が満足できると感じているのだろうか?

 
夜が遅くなったとは言え、ランチを摂ってから何も口にしていない胃袋が、どう見てもBar、どこをどう見ても酒を美味しく飲むBarであると思える出で立ちの店に、なぜ入らんとしているのか。

 
直感を信じてみるか。
 

ブラックベルベットの店内

そう決め込み重厚感バツグンの扉を開くと、更に広がる怪しげとは違う魅惑的なムード。カウンターだけの店内は、しっかりと雰囲気を作り暗めの店内にお客が所狭しと並んでいる。

ブラックベルベットの店内②

そして、更に一歩店の中へと足を進めると、視界の右側からカウンターの中に、これまた所狭しと並ぶ無数のアルコールのボトルが、青紫の灯りに魅惑的に…、いや、その域を適切に超える妖艶さを放っていると言った方が良かった。

 
なぜに今夜はBarだったんだ…。
 

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関内新聞

関内新聞

詳細を見る

関内を愛する人たちにスポットをあて、関内をもっとたくさんの人に愛してもらいたい。観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープなところまで掘り下げたり、マニアックな視点で突き詰めたりして、足で集めた情報を発信することが関内新聞のコンセプト。

関連情報

関連記事

  1. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…
  1. 最高の陽気の中、GWを向かえた途端に箱根の異変。いったいどうなるのか…。小田原と箱根のニュースサイト…
  2. 尾上町にある地酒や文次郎のランチ営業が再開。メニューを一新して登場した文次郎ランチは、ボリューム満点…
  3. 関内エリアには今でも明治・大正・昭和戦前期に建てられた近代建築が多く残っている。この日一般に公開され…
  4. 実は本牧ド素人のワタシ。どこからどう取り上げていこうか判らない中、まずは本牧らしいお店で食事を摂って…
  5. 野草料理の会場は、伊勢原公民館の調理実習室。 時間は12時過ぎでお腹はペコペコ。 会場に入ると目に飛…
  6. レストランの味をあなたの食卓に!をテーマに、美味しく食べて身体に優しい親しみやすい食材を使った、簡単…
  7. 6月28日(日)の正午近く。いつもと変わらぬ人通りの菓子屋横丁 父親に連れられお気に入りの駄菓子を…

おもしろ記事

  1. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  2. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…
  3. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  4. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…

グルメ

  1. 2013年12月15日(日)

    【快挙】中華街の老舗BAR「ケーブルカー」に潜入したジャン!

  2. 2014年4月20日(日)

    【満腹】もうマジックとしか思えないタンメン青空で最高の満足感

  3. 2015年3月2日(月)

    【浅草 創作とんかつ カツ吉】

  4. 2015年8月4日(火)

    暑いからこそガッツリ食ってスタミナ充電!〜辻友食堂〜

  5. 2014年3月4日(火)

    【意地】頑なな職人魂が出汁にしみ出るおでんを食わす文次郎!

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る