関内新聞は横浜DeNAベイスターズが推進する「I☆YOKOHAMA」を応援!

関内新聞は、横浜DeNAベイスターズと横浜スタジアムが主催する、
「I ☆(LOVE)YOKOHAMA」プロジェクトの理念に賛同し、微力ながらその活動を応援することにいたしました。

 
関内新聞の取材活動中、街の至る所で見かけていた横浜DeNAベイスターズを応援するフラッグ。当初は横浜スタジアムのある街だから、横浜DeNAベイスターズ関連の掲示が多いのだろうという認識でした。

写真②

しかし調べていくと、それはもっと意味の深いものだとわかり、横浜スタジアムのある関内を取り上げるWebマガジンとして、その活動を応援していこうと決め、関内新聞のサイドメニューにI ☆ YOKOHAMAのバナーリンクを掲載することにしました。

「I ☆(LOVE)YOKOHAMA」プロジェクトとは、横浜DeNAベイスターズと横浜スタジアム、そして横浜を愛する全ての人が共に取り組む「まちづくり」プロジェクト。プロ野球のある街として、プロ野球の話題がきっかけとなり、横浜の街がもっと楽しく、もっと盛り上がると素晴らしいと感じます。

 
「I ☆(LOVE)YOKOHAMA」ロゴのコンセプト

ロゴコンセプト

I☆YOKOHAMAプロジェクトHPより

 
横浜DeNAベイスターズの象徴でもある「☆」を、横浜を愛する気持ちの象徴として、「LOVE」と読ませ、このプロジェクトのロゴはできています。横浜が大好きな人はたくさんいるけど、普段からその気持ちを照れなく表現する方法としても、「☆」を「LOVE」と読ませてくれるのは嬉しいことかも知れません。

 
プロジェクトの理念

世界でも有数の魅力的な国際都市である横浜は、横浜を愛する人々がつながり、共につくり上げてきた世界に誇れる街。
一方で、価値観や行動が多様化した現代は、ともすれば人々のつながりが希薄化してしまう時代。
わたしたち横浜DeNAベイスターズおよび横浜スタジアムは、『野球』が、“人と人をつなぐ”、“人と街をつなぐ”存在であり続けたいと考えています。
「横浜、プロ野球のある街」として、まちづくりの一端を担い続けてまいります。
I☆YOKOHAMAプロジェクトHPより

 

プロジェクトのビジョン

野球をきっかけに、“横浜”に関わるすべての人々が一つにつながる。
“横浜”のプロ野球が、“横浜”の街で会話のきっかけになっている
“横浜”の人々が、スタジアムで“横浜”を感じながら楽しんでいる
“横浜”の企業・店舗が、プロ野球をきっかけにさらに元気になる
I☆YOKOHAMAプロジェクトHPより

 
I☆YOKOHAMAプロジェクトHP
HPキャプチャ

画像をクリックするとHPにアクセスできます。

 
このI☆YOKOHAMAプロジェクトのホームページには、プロジェクトの活動内容や、一般の人が参加する方法についての記述があります。

例えば、横浜DeNAベイスターズの試合を横浜スタジアムで観戦すると、I☆YOKOHAMAのステッカーが配布される日があります。I☆YOKOHAMAのステッカーを自分の持ち物に貼る、横浜を愛する気持ちを表現することでも、このプロジェクトに参加することができます。

ステッカー

I☆YOKOHAMAプロジェクトHPより

 
また販売が予定されている応援グッズを購入すると、その売上の一部が横浜のまちづくり団体に寄付されることになっていますので、そのような参加方法もあります。

 
他にもI☆YOKOHAMAプロジェクトには、横浜のプロ野球が横浜の街で会話のきっかけになるための活動として、バーチャルスコアボードをみなとみらい線の駅のホームに設置したり、

バーチャルスコアボード

バーチャルスコアボードの除幕式にて

 
街のいたるところにI☆YOKOHAMAフラッグを掲示したり、きっかけ作りを行ってくれています。

全文を読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関内新聞

関内新聞

詳細を見る

関内を愛する人たちにスポットをあて、関内をもっとたくさんの人に愛してもらいたい。観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープなところまで掘り下げたり、マニアックな視点で突き詰めたりして、足で集めた情報を発信することが関内新聞のコンセプト。

関連情報

関連記事

  1. 2015年7月7日(火)

    川越散策したら和みの空間で一休み〜和カフェ 夢宇(むう)〜

    喜多院不動通りに4月25日にオープンした赤い暖簾と名前の可愛いお店「夢宇(むう)」。お店の前には広場…
  1. ぽかぽか陽気で桜も満開。関内散歩には最高の季節がやって参りました!ハマ風を感じてのんびりするなら、や…
  2. どこまでが安全でどこまでが危険か?という火山・防災学的に難しいテーマは別として、些細なことや少しの火…
  3. 川越駅東口から徒歩1分のところにできた新しいお店「パンチ・ライン・ガレージ」ランチメニューに30cm…
  4. 何かやりたい!と思っても「でも、私には才能もないし・・」と二の足を踏んでいる方いらっしゃいますか?私…
  5. 小箱新聞のエリアは神奈川県西部。横浜・川崎等の東部エリアとはがらりと趣が変わる。東部は、みなとみらい…
  6. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
  7. 「初詣(はつもうで)」は有名ですが「夏詣(なつもうで)」なんてものがあり開催中です。これは浅草神社が…

おもしろ記事

  1. 2015年3月8日(日)

    【浅草 雨天ならではの攻略法がある!】

    日の昼は小雨が降っていました。人力車のお兄ちゃんも大変そうです。実はこういう週末こその「チャンス」も…
  2. 2015年3月7日(土)

    【出没!アド街ック天国 今夜1000回 キンキン降板 浅草も】

    1995年に放送を開始して既に20年。 国民的番組と言っていい「出没!アド街ック天国」テレビ東京系列…
  3. 2015年1月13日(火)

    【浅草地下 出っ張った石の謎】

    1955年開業で現存する東京最古の地下商店街となっている「浅草地下商店街」薄暗くて暗黒魔界への入り口…
  4. 2015年4月13日(月)

    トイレからカツカレーを出す店で更なる裏技!

    トイレからカツカレーが出てくる店として紹介し好評頂いた「ニューダイカマ」。カレー専門店といいながら「…

グルメ

  1. 2014年4月15日(火)

    【神秘】宇宙空間に投げ出されるプラネットBar星蔵で流星を見る

  2. 2015年7月3日(金)

    鴨宮北口商店街の「うを弘」で職人の丁寧な仕事に出会う

  3. 2015年4月27日(月)

    【絶叫】串カツの本場関西人も絶賛する「揚屋鈴」ではしゃぎ回る

  4. 2014年3月4日(火)

    【意地】頑なな職人魂が出汁にしみ出るおでんを食わす文次郎!

  5. 2015年3月2日(月)

    【浅草 創作とんかつ カツ吉】

イベント・スポーツ

  1. 川越駅西口を出て脇田本町交差点にある住友生命ビルの先のレンガ色のマンション。その一角にあるのが「トッ…
  2. 今日は、そんな彼女にモグモグ隊の出動要請。女子2人で中華街のエスニック料理を堪能してまいります!中華…
  3. 日本へ来る観光客の増加や、近年話題の中国人による「爆買い」需要もあり、官民一体となって来日した外国人…
ページ上部へ戻る